ボブソンジーンズに大きな影響

ボブソンジーンズに大きな影響



キャトル・ホーンをトレードマークとしているボブソン(BOBSON)は、1970年からジーンズの生産を開始している歴史あるジーンズブランドです。


ボブソンの前身である山尾被服工業が誕生したのは1950年のことで、当初は学生服や作業着の製造・販売を行う国内トップのワーキングウエアメーカーでした。


キャトル・ホーンをトレードマークとしたボブソンブランドを1971年にスタートさせ国内トップのワーキングウエアを作ってきた持ち前の技術力をデニム業界で駆使し、そのクオリティの高いジーンズはヒットアイテムを連発し続け、国産デニムブランドとしては後発ではあったボブソンですが、今や日本を代表するジーンズの定番ブランドにまで成長しました。


日本のジーンズ黎明期から高品質のジーンズを送り出しているボブソンの日本ジーンズシーンを支えた影響と功績は計り知れない。




Copyright (c) ボブソン. All rights reserved.


ボブソンサイトTOPへ

トップ > ボブソンジーンズに大きな影響 > ボブソンジーンズに大きな影響

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。