ボブソンについて

ボブソンについて


ボブソンは、日本のジーンズブランドの老舗です。


1950年に山尾被服工業株式会社として設立された当時は、学生服や労働着のメーカーでした。


1970年になってからジーンズの生産に入り、翌71年にボブソンブランドが誕生し、販売へと発展していきました。


パッチのキャトルホーン・マークは、ボブソンのお馴染みのロゴマークです。


ボブソンの名前の由来は、日本製のジーンズを世界に向けて販売し、ボブが損(ソン)をするという願いをこめて付けられたという、ジョークのような話があります。ボブソンってこんな面白い話もあるんです。


ちなみにボブというのは、当時のアメリカではポピュラーな名前だったので、ここでは「アメリカ」の象徴だそうです。


ボブソンは1978年にボンタンジーンズを発表し、それがヒットしていきました。


ボブソンは1992年に「04ジーンズ」を発表。材質はレーヨンと綿の混紡・交織。素材がソフトになったこのジーンズは、「ジーンズ=硬い素材」という概念を破ったものでした。


これが爆発的にヒットし、他のメーカーもこぞってソフトジーンズを取り入れることになります。




Copyright (c) ボブソン. All rights reserved.


ボブソンサイトTOPへ

トップ > ボブソンについて > ボブソンについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。